チャレンジ&アドバイスチャレンジ&アドバイス

みんなのチャレンジに「ひろしまスペシャリスト」がアドバイス!みんなのチャレンジに「ひろしまスペシャリスト」がアドバイス!

広島東洋カープOB 山内 泰幸さん広島東洋カープOB 山内 泰幸さん

尾道商高、日体大を経て、1994年ドラフト1位でカープに入団。右肘を高く上げるUFO投法で、1年目からオールスター出場、14勝を挙げる活躍で新人王を獲得。2003年からはコーチとして多くの好投手を育成。現在はTSSの野球解説者を務める。

サンフレッチェ広島OB 森﨑 浩司さんサンフレッチェ広島OB 森﨑 浩司さん

2000年にサンフレッチェ広島ユースからトップチームに入団。攻撃的MFとして3度のJリーグ優勝に貢献した。地元広島出身でもあることから、双子の兄・和幸とともにチームの顔として人気を博した。引退後、サンフレッチェ広島初代アンバサダーに就任。

広島ドラゴンフライズ専属チアダンスチーム フライガールズ HAMAYUさん広島ドラゴンフライズ専属チアダンスチーム フライガールズ HAMAYUさん

フライガールズ1期生。今シーズンはリーダーを務める。ダンススタジオFLEXのインストラクターとして活動するほか、TVCMや自治体のプロモーションビデオ出演、アーティストのバックダンサーなど、多岐にわたって活躍中。

声楽家(ソプラノ) 増田 由香さん声楽家(ソプラノ) 増田 由香さん

東京音楽大学音楽学部声楽科卒業。同大学卒業演奏会出演。広島市新人演奏会出演。県内外におけるコンサートの他、病院や幼稚園など様々な会場で演奏活動を行ない、後進の指導にもあたる。広島アーティスト協会会員。中国新聞文化センター講師。

りょうた
6歳

一年生になったらお兄ちゃんの入っている野球クラブに入りたいのでお兄ちゃんとキャッチボールをがんばりたいです!

山内泰幸さん

僕にも兄がいて、小さい頃は一緒にキャッチボールや練習をしていました。
兄よりも上手になりたくて、一生懸命がんばりました。
身近に目標になる人がいるのはとても大きなことです。
お兄ちゃんに追いつき追い越せるようにがんばれ!

ちゃん
7歳

ダンスを楽しくかっこよくしあげる

HAMAYUさん

かっこよくするためには、胸を張って踊ること!
胸を張って踊れば自分に自信も持てて自然に楽しく踊れるようになるよ!

あややん
10歳

ピアノをいっぱい練習してPTNAでSを取る

増田由香さん

あややんさん、こんにちは。
私はピアノの音色が大好きです。
同じ曲を弾いていても柔らかく感じたり、力強く感じたりと演奏する人によって違いますよね。
自分はどのように演奏したいのか、ピアノを通して聴いている人にどう伝えたいのか、を普段から考えて練習しましょう。
他の人の演奏を聴いたり、時たま自分の演奏を録音して聴くことも上達するポイントになります。
そして、ご家族やお友達の前で演奏をし、1人の練習の時には感じない空気感やドキドキ感に慣れておくのも良いですね。
Sを取るぞ!という目標に向かって、たくさん練習をして自信を持って、あややんさんの演奏を聴いてもらいましょう。
願いは叶うよ!
応援しています!!!

そうたくん
6歳

やきゅうのしゅびでボールをこぼさずとる

山内泰幸さん

バウンドやスピードを予測して、ボールを捕る体勢を早く作ることが大切です。
失敗してもいいから、何度も打球を捕る練習を続けて、ボールの跳ね方をしっかり見ることができれば上手になるよ。

cocoa
11歳

ソフトボール頑張っています。素振りも頑張っていて、内野ゴロは打てるけど、ホームランがうてません。後、少しで引退なので、試合で大きなホームランを打ちたいです

山内泰幸さん

ホームランを狙うとどうしてもアッパースイングになりがちで、逆にボールの上っ面を叩いてゴロになってしまうことが多いです。
レベルスイング(バットを地面と平行に振る)でボールの下を叩くイメージで練習してみよう。

れん
6歳

サッカーができるようにがんばりたいです

森﨑浩司さん

とにかくたくさん足でボールをさわることが大事です。
たくさん触ることで、ボールを足で蹴ることを楽しめるようにやってみてください。
思うようにボールを蹴ることができたり、リフティングが上手になると、サッカーの楽しさにどんどんのめり込んでいき、自然とサッカーをがんばれるようになると思いますよ。

ゆんさん
8歳

歌うのが大好きなので、歌をがんばりたいです

増田由香さん

歌は、自分の体そのものが楽器です。運動をして、しっかり食べて、しっかり眠って、体力をつけることが大事です。歌う前には、ゆっくりと息をしながら、全身のストレッチをしましょう。背中が丸くならないように背すじを伸ばし、肩幅より少しせまく足を開き、真っ直ぐに立って、アゴを引きましょう。
さらに!真っ直ぐ正面を見て、少し上の方に目線を向け、遠くの人に声を届けることを意識して歌うと、声が気持ちよく伸びるよ。
何はともあれ、音楽やリズムに合わせて楽しく歌う事が一番!世界にひとつしかない自分の楽器を大切にして、歌をがんばっていきましょう!

るーたん
9歳

どんな球でも、グローブでキャッチできるようになる!

山内泰幸さん

ボールがグローブに入るまでしっかりとグローブを広げることが大切です。
手を伸ばしてボールをとりに行ってしまいがちだけど、胸の前にボールが来るのを待って、ボールが勝手にグローブに入るようなイメージで練習してみよう。
お腹より上のボールは指が上に向くように、お腹より下は指が下を向くように構えてみてね。

りの
8歳

上手にドリブルができるようになりたい

森﨑浩司さん

僕が幼少期にやっていたことは、一列に並べたコーンの間をジグザグドリブルして、コーンに当てないように突破する練習です。
はじめは利き足だけを使ってドリブルの練習をしてみてください。
その次のステップとしては、両足を使ってジグザグドリブルができるようにチャレンジしてみてください(^^)

トモ
12歳

中学野球部でレギュラーを取る。試合でホームランを打つ

山内泰幸さん

野球部の練習だけではなく、素振り、壁当てなど自分だけの練習をこつこつ続けることがレギュラー獲得につながると思います。
ボールを遠くに飛ばすためには、まずはしっかり体力をつけること。これがバットスイング強化の第一歩だと思います。

タムタム
40歳

バッティングの強化

山内泰幸さん

腕に意識がいきがちですが、腕を振って打つよりもステップと腰の回転を意識して、下半身からバットにパワーを伝えることが大切です。

はるたろう
9歳

ソフトボールでホームベースからセカンドベースまでノーバンで届くようになりたい!

山内泰幸さん

ボールを遠くに投げることよりも、足の運び方、方向、力加減をセカンドベースに合わせるように意識し、しっかりと投げる体勢を作ることが大切です。

とわっち
7歳

サッカーで点をとるぞ!!

森﨑浩司さん

サッカーで点をとるポイントは2つあります。1つめは、シュートを打つときに、冷静に落ち着いてゴールに向かってボールを蹴ること。あわてて打つと枠から外れたり、キーパーに止められたりする可能性が高まります。
2つめは基礎練習です。狙ったところにボールを蹴る練習と、自分が思ったところにボールを止める練習をたくさんしましょう。

はん
10歳

サッカーでいろいろな技をかけたいです

森﨑浩司さん

ボールの扱いが上手くないと技をかけるのは難しいので、まずリフティングをコツコツと練習しましょう。
最初は得意な足だけで練習して、リフティングがたくさんできるようになったら、反対の足も使えるように練習します。両足でボールが扱えれば、いろいろな技をかけられるようになります。
ちなみに僕は左が利き足で、子どもの頃は右足の練習をあまりしなかったので、技は得意ではありません!(笑)

アッキー
12歳

ダンスを上手に踊れるようになりたい

HAMAYUさん

音をしっかり聞いて、落ち着いてリズムを聞き分けることが大事です。体を動かしてリズムをとることで、体にリズムをとる感覚を覚えさせましょう。
鏡で自分の姿を見ながらコツコツ練習すること。最初はゆっくり練習して、慣れてきたら速度を上げていくと、音楽とダンスがしっかりと合って、自信をもって踊れるのでおすすめですよ!

タケタケ
10歳

ソフトボールクラブでコントロールいい投手になる

山内泰幸さん

最初はボールを持った手に意識が行ってしまいがちだけど、「足を踏み出す方向を投げる方へ向ける」ということを意識して投げることが大事です。
ボールを投げるときに、顔より前で離すようにするとコントロールが良くなるよ!
この2点に気を付けながら、毎日こつこつ練習しようね。